イエストア > 株式会社イエストアのスタッフブログ記事一覧 > 不動産の売却前に知りたい!図面の取得が必要となるケースとは?

不動産の売却前に知りたい!図面の取得が必要となるケースとは?

≪ 前へ|~大阪市でマイホーム購入予定の方!助成のご紹介~   記事一覧   注文住宅の建築期間と完成までの工程について|次へ ≫

不動産の売却前に知りたい!図面の取得が必要となるケースとは?

不動産の売買では、土地や建物に関する図面の提出を求められることがあります。
しかし、図面はいくつかの種類があったり、取得には手数料や手間がかかったりと、なじみのない方にとって提出は簡単なことではないでしょう。
そこで今回は、どのような場合にどのような図面を求められるのか、また図面の取得方法などについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産の売却時に必要となる図面とは?種類や必要とされるケース

不動産売却時に必要となる図面は、土地や建物の詳細を説明するもののことです。
特に土地の図面は、その価値を正確に図るために用途や立地、面積を明らかにする目的のもと、多くのケースで図面が求められます。
土地の図面には、隣接する土地との境界を示す「境界画定図」、土地の面積を法律に基づいて確定した「地積測量図」が挙げられ、これらの図面は次のようなケースに提出を求められます。

●不動産の売買(価格決定や隣人トラブルを防ぐ目的で使用)
●土地の評価時(相続税の税額試算などにかかる土地の評価をおこなうため)
●土地の分筆(一つの土地を複数の土地に登記しなおす際、境界線確認書の作成が必要となるため)
●土地の寄付や払い下げ(土地の正確な価値を評価する必要があるため)

不動産売却にかかる図面の取得方法とは?

土地や建物などの不動産に関して公的に登録されている図面は、法務局に申請することで取得が可能です。
不動産の所在地を管轄する法務局で、閲覧・取得することができます。
また、インターネットから請求をおこなうことで、窓口受け取りや郵送での受け取り、オンラインでのデータ受け取りも可能です。
ただし、オンラインでのデータ取得の場合、すべての図面についてデータ化されているわけではなく、取得できる図面が限られている可能性があり、注意が必要です。
なお、オンライン上で取得したデータは、法務局で閲覧することと同等とされており、法的な効力はありません。
図面の取得にかかる手数料は、以下の通りです。

●窓口で申請し、その場で受け取る:450円
●インターネットから申請し、窓口で受け取る:450円
●インターネットから申請し、郵送で受け取る:430円
●オンライン申請し、データを受け取る:365円

不動産売却にかかる図面の取得方法とは?

まとめ

今回は、不動産売却に必要とされる土地の図面や提出が求められるケース、図面の取得方法などについてご紹介しました。
図面の取得や種類に関して不安な場合は、不動産業者や司法書士にあらかじめ相談しておくと安心です。
不動産の売却を検討している方は、事前に必要となる図面の種類と取得方法を把握することで、スムーズな取引につながるでしょう。
イエストアは大阪府の住吉区を中心に、南大阪エリアの物件を主に取り扱っております。
住宅ローン相談会も行っているので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|~大阪市でマイホーム購入予定の方!助成のご紹介~   記事一覧   注文住宅の建築期間と完成までの工程について|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約