イエストア > 株式会社イエストアのスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却で注目のホームステージングとはどんな販売方法?

不動産売却で注目のホームステージングとはどんな販売方法?

≪ 前へ|市街化調整区域の不動産売買は難しい?土地の価値が低いといわれる理由とは   記事一覧   土地購入時に使えるローン!つなぎ融資や土地先行融資とは?|次へ ≫

不動産売却で注目のホームステージングとはどんな販売方法?

インターネットを使って物件を探す方が増えていることから、ホームステージングを利用する人が増えています。
ホームステージングとは、不動産販売方法の1つです。
これから不動産を売却するなら知っておきたい、ホームステージングの方法と効果をみていきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却で注目の手法!ホームステージングとはどんな販売方法?

インターネットで物件を探すとき、その物件の第一印象を決めるのがインターネットに掲載されている写真です。
家をモデルルームのように演出し、魅力的な空間に見せるのがホームステージングです。
売却活動用の写真を撮影するときや内覧会で、ホームステージングを利用する人が増えています。
家を演出するためのインテリアは、すでにある家具に小物をプラスする方法から、全部を入れ替える方法までさまざまです。
すべてを入れ替える場合でも、新品の家具や小物を購入するのではなく、レンタルを利用する人がほとんど。
レンタルは1日から数か月単位で契約できるものもあるため、売却活動の予定を考えて契約するといいでしょう。
住みながら売却する方は、不動産会社と相談しながらホームステージングを実施する方もいるようです。

不動産売却におけるホームステージングのメリットとは?

ホームステージングは家具や小物をレンタルしなければいけないので、費用がかかります。
住みながらホームステージングする場合、家具はあるものを利用すればだいたい5万円程度に抑えられます。
空き家の場合は家具をレンタルするため、3か月で20万円程度必要です。
そこまでしてホームステージングをするのは、早く売却をするためです。
ホームステージングをおこなうことで、買い手の目に留まりやすい効果が期待できます。
素敵な家具や小物が置いてあると新生活をイメージしやすく、インターネットで閲覧数をアップさせられるといわれています。
住んでほしいターゲットに合わせて、家具や小物を変更できるのもホームステージングを取り入れるポイントでしょう。
空き家で売却活動するときにホームステージングするのも、新生活をイメージしやすくするためです。
ある不動産会社が売却期間を調査したところ、ホームステージングをしない物件の平均は約4か月でしたが、ホームステージングをした物件は平均1か月ちょっとで売却できると結果がでています。
ホームステージング自体には費用がかかりますが、短期間での売却成立が期待でき、結果コストダウンに繋がることも少なくありません。

不動産売却におけるホームステージングのメリットとは?

まとめ

ホームステージングは費用がかかりますが、住んでほしいターゲットに合わせて魅力的に演出することで、より早く不動産を売却することができます。
自分でホームステージングを実施することもできますが、インテリアのプロに任せてみるのもおすすめです。
イエストアは大阪府の住吉区を中心に、南大阪エリアの物件を主に取り扱っております。
住宅ローン相談会も行っているので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|市街化調整区域の不動産売買は難しい?土地の価値が低いといわれる理由とは   記事一覧   土地購入時に使えるローン!つなぎ融資や土地先行融資とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約