イエストア > 株式会社イエストアのスタッフブログ記事一覧 > 住宅購入の際のオーバーローンとは?意味や注意点をご紹介!

住宅購入の際のオーバーローンとは?意味や注意点をご紹介!

≪ 前へ|空き家火災が起きる原因と起きないようにするための対策法について紹介   記事一覧   土地売却で利用できる税金控除や特例とは?|次へ ≫

住宅購入の際のオーバーローンとは?意味や注意点をご紹介!

マイホームを購入する資金を、住宅ローンの利用によって調達する方は少なくありません。
さまざまな種類のある住宅ローンですが、気を付けたいものとしてオーバーローンというものがあります。
ここでは、オーバーローンの意味や注意点、リスクについて解説していきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

住宅購入の際に気を付けたいオーバーローンとは?

マイホーム購入のために住宅ローンを利用する際、銀行からの借入金が物件の価格よりも高額になってしまうことを、一般的にオーバーローンと言います。
近ごろは、マイホームを購入するときに頭金を用意せず、全額ローンで購入できるようになってきました。
手元に資金がなくてもマイホームを手に入れることができる魅力的な方法ですが、このときに忘れてはいけないのが、諸費用の存在です。
不動産を購入するときには、物件の費用だけでなく登録免許税や不動産取得税などの各種税金や登記や仲介などの手数料をはじめとして、さまざまな諸費用がかかります。
諸費用を合計するとかなり大きな金額になることもあり、家の費用の他に諸費用も借り入れるとオーバーローンとなります。

住宅購入のためにオーバーローンを利用する際の注意点

オーバーローンを利用する場合には、次のことに注意しましょう。


購入後すぐに売却する場合
何らかの事情によって購入後すぐに家を売却する場合、家の費用にくわえて諸費用の残債もあるため、ローンの残高よりも高い額で売却する必要があります。

諸費用を借り入れる場合の金利
住宅ローンは金利が低めですが、諸費用に関するローンは住宅資金とは別商品となり、金利が高くなることが一般的です。

共同ローンに関するトラブル
ペアローンのように、夫婦共同でローンを組むこともあります。
オーバーローンでは、家を売却してもローンが残る可能性が高く、ペアローンを組んでいる夫婦が離婚をした場合、返済の割合についてトラブルが発生するかもしれません。

住宅購入の際にオーバーローンを利用することで考えられるリスク

オーバーローンを利用する際には、「家の売却が簡単にできない」というリスクを把握しておくようにしましょう。
住宅ローンを借りるためには、その家を担保として抵当に入れる必要があります。
銀行の抵当権がついている家は勝手に売却することができないため、ローンを完済するまで家を売却できません。
オーバーローンは完済するのに時間がかかるため、スムーズに売却できないというリスクがあることを頭に入れておきましょう。

住宅購入の際にオーバーローンを利用することで考えられるリスク

まとめ

住宅費用にくわえて諸費用まで借り入れ、物件の価格よりも高額なローンを組むことをオーバーローンと言います。
手元に資金がなくてもマイホームを手に入れることができるのが大きなメリットです。
ただ、オーバーローンには金利が高くなることや売却が難しくなることなど、デメリットもあるため、利用には慎重な姿勢が必要です。
イエストアは大阪府の住吉区を中心に、南大阪エリアの物件を主に取り扱っております。
住宅ローン相談会もおこなっているので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|空き家火災が起きる原因と起きないようにするための対策法について紹介   記事一覧   土地売却で利用できる税金控除や特例とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約