イエストア > 株式会社イエストアのスタッフブログ記事一覧 > 狭小地の不動産は売却するのが難しい?スムーズに売却する方法とは?

狭小地の不動産は売却するのが難しい?スムーズに売却する方法とは?

≪ 前へ|角地の不動産を売却するなら!メリットや売却のコツをチェック   記事一覧   不動産を売却したら配偶者控除はどうなる?外れずに済む方法や対策をご紹介!|次へ ≫

狭小地の不動産は売却するのが難しい?スムーズに売却する方法とは?

不動産を売却するときは、土地の特徴によって売却活動がスムーズに進まない場合もあります。
狭小地もその一つですが、売却をスムーズにおこなうための方法がないわけではありません。
狭小地にある不動産を売却する方法などを紹介していくので、狭小地の不動産を売却する予定の方は参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

狭小地の不動産売却が難しい理由とは?

狭小地の明確な定義はありませんが、基本的に15~20坪(40~50㎡)以下の土地が狭小地とされています。
どうして狭小地ができるのかというと、大きな土地を不動産会社が分割したり、道路を新しく作るために開発を進めたりといった背景があります。
開発によって道路として使わない土地が狭小地になった場合は、台形や三角形などの特殊な形をしている可能性もあるため、扱いにくい土地として売却がし辛くなっています。
土地の形が特殊なため家を建てにくく、狭小地に合わせた家を造るために費用がかさむ場合もあります。
住宅を購入する際に組む住宅ローンも、狭小地であることでローンが組みづらくなる可能性もあります。
住宅ローンの条件には、土地面積が40㎡以上、住宅の床面積が60㎡以上必要だというものがあります。
面積の条件は金融機関によって違いがありますが、狭小地はこの基準を満たしていない可能性が高いのです。
住宅ローンが利用できないということで、現金一括払いでないと購入できないケースも多く、その条件をのんでくれる買い手を見つけるのは難しいこともあります。

売却が難しい狭小地の不動産をスムーズ売却する方法

狭小地は個人のニーズとかみ合わないことが多い土地ですが、買取業者への売却であればスムーズにおこなえる可能性があります。
買取業者は狭小地を活用する方法も把握している場合が多く、法律上では再建築ができない狭小地も売却できる場合があります。
ですが、買取業者に売却すると、相場よりも低い価格で狭小地を手放さなければいけないデメリットもあります。
できるだけ高く売却したいという場合は、不動産会社に仲介を頼んで売却活動をおこないましょう。
複数の不動産会社に査定してもらうことで、自分の希望する価格で売却できる可能性のある不動産会社を見つけることもできるため、相場より安く売却することを防ぐことができます。

売却が難しい狭小地の不動産をスムーズ売却する方法

まとめ

狭小地は、面積の狭さや土地の形が通常の土地とは違うことが原因となって、買い手がつきにくくなっています。
不動産会社や買取業者に売却を任せることで買い手を見つけることができますが、売却価格については妥協する点も出る可能性があることを念頭に置いておきましょう。
イエストアは大阪府の住吉区を中心に、南大阪エリアの物件を主に取り扱っております。
住宅ローン相談会も行っているので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|角地の不動産を売却するなら!メリットや売却のコツをチェック   記事一覧   不動産を売却したら配偶者控除はどうなる?外れずに済む方法や対策をご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約