イエストア > 株式会社イエストアのスタッフブログ記事一覧 > 不動産の売却に必要な書類と印鑑の種類について解説!

不動産の売却に必要な書類と印鑑の種類について解説!

≪ 前へ|ローン残債があっても不動産を売却する方法とは?注意点も解説!   記事一覧   不動産売却で消費税が課されるのはどのような場合?注意点を解説|次へ ≫

不動産の売却に必要な書類と印鑑の種類について解説!

不動産の売却をするときには、さまざまな手続きや書類が必要となります。
特に書類については、種類が多く複雑なため、どんな書類を集めれば良いのか不安に感じていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、これから不動産を売却しようと検討されている方に向けて、不動産売却に必要な書類についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却に必要な書類の種類とは

不動産売却には、次の書類が必要です。

●登記済権利証
●身分証明書
●間取り図
●建築確認済証検査済証(一戸建ての場合)
●地積測量図境界確認書(土地の場合)
●管理規約使用細則(マンションの場合)
●実印と印鑑証明書
●固定資産評価証明書
●住民票の写し


書類によって必要となるタイミングや必要な度合いは異なりますが、早めに用意しておくと安心です。

不動産売却に必要な住民票を変更するタイミング

引っ越しをした場合は、住民基本台帳法の第22条に従って、引っ越し日(転入日)から14日以内に、住民票の異動の手続きをしなければなりません。
不動産を売却する場合は、不動産を売却する前・した後、どちらのタイミングで住民票を変更しても問題はありませんが、売却が済んでから住民票を異動させることをおすすめします。
住民票を売却前に変更してしまうと、その後の住所変更の登記などで手続きが煩雑になる可能性があります。
住民票の異動は、不動産の売却が終了してからおこないましょう。

不動産売却に必要な印鑑の種類について解説

不動産の売却に際して多くの方が悩むポイントの1つが「売買契約書に必要となるのは、実印なのか、認印なのか」という印鑑の種類です。
そもそも実印とは、市区町村に登録した印鑑のことをいい、市区町村が発行する印鑑証明と合わせての利用によってより確実な本人確認の意味をもちます。
不動産の売買契約書に押印する印鑑は、原則実印でなくても問題はありません。
ただし、より本人確認の意味合いを強めるため、また書類を照合しやすいためなどの理由から、実印の押印を求められることもあります。
また取引の安全性を高める意味合いでも、実印を求められることがあるでしょう。
不動産を売却するときには、あらかじめ実印を用意しておくと安心です。

不動産売却に必要な印鑑の種類について解説

まとめ

今回は、これから不動産を売却しようと検討されている方に向けて、不動産売却に必要な書類についてご紹介しました。
さまざまな書類や手続きが必要となる不動産の売却では、問題にひとつひとつ対処していくことが重要です。
イエストアは大阪府の住吉区を中心に、南大阪エリアの物件を主に取り扱っております。
住宅ローン相談会もおこなっているので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|ローン残債があっても不動産を売却する方法とは?注意点も解説!   記事一覧   不動産売却で消費税が課されるのはどのような場合?注意点を解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


若松台3丁 売土地

若松台3丁 売土地の画像

価格
2,800万円
種別
売地
住所
大阪府堺市南区若松台3丁
交通
泉ケ丘駅
徒歩19分

百舌鳥梅町1丁 中古戸建

百舌鳥梅町1丁 中古戸建の画像

価格
3,380万円
種別
中古一戸建
住所
大阪府堺市北区百舌鳥梅町1丁
交通
なかもず駅
徒歩12分

コスモヒルズ北野田

コスモヒルズ北野田の画像

価格
1,650万円
種別
中古マンション
住所
大阪府堺市東区西野
交通
北野田駅
徒歩12分

新北島コーポ3号棟

新北島コーポ3号棟の画像

価格
1,995万円
種別
中古マンション
住所
大阪府大阪市住之江区新北島3丁目
交通
住之江公園駅
徒歩8分

トップへ戻る

イエストアが選ばれる3つの理由

  • 01 住宅ローンに強い

    住宅ローンに強い

    一度住宅ローンに落ちた方でもイエストアで再審査すれば通り、理想の住宅購入を実現した方がたくさんいます。住宅ローンで諦めていた方もお気軽にご相談ください。

  • 02 安価で自由度の
    高い自由設計!

    安価で自由度の高い自由設計

    一般的な自由設計と比べるとハウスメーカーの指定がないため非常に自由度の高い設定が可能です。またオプション追加時に通常かかる余分な費用をカットします。

  • 03 経験豊富で
    地域密着!

    経験豊富で地域密着!

    スタッフは10年以上不動産購入に携わっており、住吉区を中心とした大阪市内での活動も5年以上経験しているため、豊富な情報量で理想の家探しを実現できます。