イエストア > 株式会社イエストアのスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却時に揃えるべきとされる物件資料とは?

不動産売却時に揃えるべきとされる物件資料とは?

≪ 前へ|不動産オークションとは?そのメリット・デメリットについてご紹介   記事一覧   売買契約における手付解除とは?仲介手数料についても解説!|次へ ≫

不動産売却時に揃えるべきとされる物件資料とは?

不動産売却は一生のうちでそう何度も対応することではありませんので、わからないことがあっても当然のことです。
そこで今回は、不動産売却時に必要だとされている物件資料とは何か、さらにそれが本当に必要なのかについてご紹介したいと思います。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却時に揃えるべき物件資料とは

不動産売却にあたっては、さまざまな必要書類があります。
たとえば、権利書や納税通知書などは、その物件が新たな所有者の手に渡ることによって必ず必要な書類ですが、ほかにも揃えておくべきだと言われる書類があります。
売却しようとしている物件がどういう物件なのかを示すためのものですが、この物件資料は大きく分けて3種類あるので見ていきましょう。
1つ目は地盤調査報告書で、これは地盤調査をしたときの記録です。
土地の形状や地質、地盤の固さや今後地盤を改良すべきかどうかなどの見解が示されています。
物件を購入した際にもらうものですが、購入時に提出を求めていないともらえない場合もありますので、まずは手元にあるかどうかを確認してみましょう。
2つ目はインスペクション結果報告書です。
これは専門家による建物の目視調査をした結果をまとめた資料で、この調査に合格すると建物部分のクオリティが証明されることを意味しています。
この2点の資料によって、土地と建物の両方の品質が証明できるため、買主にとっては安心を得られる物件資料となるでしょう。
3つ目は、該当物件を購入されたときのパンフレットです。
新築時のパンフレットには、物件の詳細が記載されています。
たとえば、間取りや部屋の広さ、駅からの距離や周辺施設との地理関係など、「購入したい」と思える訴求ポイントがプロの視点でまとめられています。
買主にとっては非常に参考になるものですので、残している場合は必ず添えるようにしてください。
もし手元にない場合は、購入時の不動産会社に問い合わせると、再度もらえる場合もあります。
購入してからの期間がどれくらい経っているかにもよりますので、必ずもらえるものではないことをご理解ください。

不動産売却時に物件資料は必要なのか

3つの物件資料についてご紹介しましたが、この資料は売却時の必要書類というわけではありません。
なので、この資料がなくても売却を進めることはできます。
ただし、購入者側の立場で考えたときには、大きな買い物をすることになりますので、少しでも物件に関する情報はほしいものです。
このような資料があることで、買う理由付けができますので、売却側としても売りやすい状況を作ることができるわけです。
価格にも影響してきますので、手元にこの物件資料があるのであれば、無駄にすることなく活用されることをおすすめします。

不動産売却時に物件資料は必要なのか

まとめ

不動産売却時に揃えるべき物件資料についてご紹介しました。
今回ご紹介した3種類の資料は、法的に必要なものではありませんが、購入意思決定には重要な役割をする資料です。
この資料があることで売りやすく、そして少しでも高く売却することに繋がりますので、できる限り揃えられることをおすすめします。
イエストアは大阪府の住吉区を中心に、南大阪エリアの物件を主に取り扱っております。
住宅ローン相談会もおこなっているので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産オークションとは?そのメリット・デメリットについてご紹介   記事一覧   売買契約における手付解除とは?仲介手数料についても解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約